年中行事・記念日・祭り 解説文


旧花まつり(きゅうはなまつり)
旧潅仏会(きゅうかんぶつえ)

日付変更

旧暦4月8日に釈迦の誕生を祝して寺院で行われる法会。
仏生会・浴仏会などとも呼ばれます。
近年では花まつりという名称のほうが一般的です。
現在では東京、関東では4月8日に、関西では5月8日に行うところが多い。
なお釈迦の誕生日は4月8日と2月8日の二説があります。 寺院で行われる花まつりでは、花で飾った御堂(花御堂)をつくり、誕生仏を浴仏盆と呼ぶ水盤に安置し、竹の柄杓(ひしゃく)で甘茶を注いでお参りをします。
甘茶をかけるのは釈迦誕生の時、九つの竜が天から清浄の水を注ぎ、産湯を使わせたという伝説によります。
誕生仏は釈迦誕生の仏像で「天上天下唯我独尊」といって一方の手は天を指し、他方の手は地を指す姿です。
新暦の潅仏会は4月8日です。

四万六千日の解説もご覧下さい。