雑節 解説文


秋の社日(あきのしゃにち)[秋社(しゅうしゃ)]
日付変更

秋の社日は秋分に1番近い戊(つちのえ)の日。
「社(しゃ)」は、中国では土地の神(生まれた土地の守護神である産土神:うぶすながみのこと)の意味ですから、土地の神を祭って農事の無事を祈る日で、春と秋の二回行われ、それぞれ春社、秋社と呼び、単に社日といえば春のものを指します。
春は豊作の予祝の、秋は収穫への感謝の意を込めます。
春分又は秋分にもっとも近い戊(つちのえ)の日に行いますが、中国から伝わって後、土地土地の農神の祭りと習合していますが、大方は春の社日は田の神が里に下りる日であり、秋の社日は田の神が帰っていく日と考えられています。
ツバメが春に来、秋に去るので、この日を社燕(しゃえん)ともいいます。

社日
日付変更
日付変更