雑節 解説文


秋の彼岸の明け(あきのひがんのあけ) 日付変更

秋の彼岸は秋分を中心とした7日間です。
暦には彼岸の入り(春分・秋分の3日前)と彼岸の中日(ちゅうにち、春分・秋分の日)と彼岸の明け(春分・秋分の3日後)が記載されている。
「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、気候の良いこの頃、此岸(しがん、現世)から、仏の世界である彼岸(ひがん、来世)に極楽往生することを祈願する。
この期間に墓参りをして、死者の来世における安楽を祈り、霊を慰める。
彼岸7日間の取り方が今のようになったのは江戸時代の終りからで、それまでは必ずしも春分・秋分が彼岸の中日にはなっていなかった。
春分・秋分には日の出から日没までの昼と、日没から日の出までの夜の長さが等しく、これを昼夜平分といって、陰陽の気が調和していて気候も温和であり、何ごとも順調であるといわれた。
また、この頃太陽は朝、真東から昇り、夕方、真西に沈む。
その沈んだ方角に阿弥陀如来の極楽浄土があり、彼岸の中日の日没を拝むと極楽往生が叶えられるとされた。
彼岸はさまざまな農事の目安になった。
春の彼岸の頃には「こぶし」や「もくれん」が咲き、桜の開花も間近になり、春の気がみなぎってくる。
秋の彼岸を知らせてくれるのは「まんじゅしゃげ」で、彼岸花の別名があるように、彼岸になると突然真紅の花がいっせいに開いて人々を驚かす。
つくづく自然のいとなみ、自然のいつくしみを感じさせる頃である。

春の彼岸
日付変更
日付変更
日付変更

秋の彼岸
日付変更
日付変更
日付変更

春分の日秋分の日の解説もご覧下さい。