国民の祝日 解説文


海の日(うみのひ) 日付変更

「海洋国家として、広く国民に海への理解と関心を求める」という趣旨で1996年に制定された国民の祝日。
もともと政府は、1876年に明治天皇が東北、北海道を巡幸され、明治丸で横浜に海路帰られた日を記念して1941年に「海の記念日」と制定されていました。
「海の日」を初日として運輸省と海上保安庁が中心となっての「海上安全旬間(7月20日~7月31日)」や「海の旬間(7月20日~7月31日)」が実施されています。
「海の日」はもとは7月20日でしたが、祝日法の改正により2003年から7月第3月曜日になりました。